新人研修はベテラン従業員が担当する

ベテラン従業員に研修を任せるときに大事なこと

新入社員に仕事を覚えさせたり、社会人としての意識を持たせたりするためには、ベテランの従業員が一通りの研修を担当することが大切です。そこで、研修をスムーズに進めるために、実際に職場内で研修を担当するベテラン従業員の教育もしっかりと行う必要があります。特に、部下の指導方法やメンタルヘルスなど、ベテラン従業員に必要な知識を身に付けさせるうえで、必要に応じて外部の講師にサポートをお願いするのも良いでしょう。また、研修中のトラブルを避けるために、ベテラン従業員と新入社員の相性にこだわることもポイントです。最近では、研修効果を高める目的で、人事担当者とベテラン従業員が協力して研修のテーマやプログラムを考える企業も増えています。

ベテラン従業員による職場内での新人研修のメリット

ベテラン従業員による職場内での新人研修を導入するメリットとして、集合研修と比べて一人ひとりの社員との距離が近いため、仕事上のフォローがしやすいことがあります。また、研修の方法や期間に工夫をすることで、教育コストの削減につながることもあります。最近では、社内での従業員同士のコミュニケーションを活性化させようとする企業も多くあります。そうした中、新人研修を通じて色々な立場の従業員が親睦を深められるよう、有意義な研修を企画することがポイントです。なお、ベテラン従業員に継続して新人研修を任せる際には、定期的に研修の進み具合について人事担当者に報告させたり、新人社員に自己評価報告書を提出させたりすると良いでしょう。

© Copyright Raise Quality Of Employees. All Rights Reserved.