実際に研修担当者になった事がある人にアドバイスもらう

研修担当者に必要なスキルを習得しよう

会社から研修担当者に任命された時には、様々な立場の社員に対する指導の仕方について時間を掛けて検討することが重要となります。特に、新人研修の担当をする場合には、より多くの若者に興味を持ってもらえる教え方を心がけることがポイントです。そのため、実際に研修担当者になったことのある上司や先輩などにアドバイスをもらうことで、研修までの間に必要な準備をすることができます。最近では、人材育成に積極的に取り組んでいる企業の間で、研修担当者を対象に部下の指導方法についてレクチャーをしている企業も増えています。そこで、研修を成功させるために、人事部や各部署の管理職などと日ごろから積極的にコミュニケーションをとることが大切です。

ライバル企業の研修の取り組みもチェックしておこう

研修担当者として社内での研修のプログラムやカリキュラムなどを作成する際には、ライバル企業の研修の取り組みもきちんとチェックしておくことが大切です。特に、研修の担当者の自主性を引き出すために、ディスカッションやプレゼンテーションなどの形式を効果的に取り入れるのも良いでしょう。また、大手企業の研修の内容については、ビジネスに関する雑誌や口コミサイトなどで大々的に紹介されることがあります。そこで、業務の合間を縫って様々な媒体を参考にしながら、キャリア形成のための仕組みが整っている企業の事情を把握しておきましょう。

その他、無理のない研修の計画を立てるうえで、他の研修担当者との間で意見交換を行うことも大切です。

© Copyright Raise Quality Of Employees. All Rights Reserved.