研修期間はなるべく長く設定する

短い研修期間は新人の不安を招く

新人にいきなり仕事をしてもらうのは、早くから現場を経験させることはできますが、不安やプレッシャーを与えてしまいます。一方で研修を経て仕事をスタートする場合は、ある程度の基礎を覚えた状態で取り組めるようになります。長く働いてもらうためには与える負担を少なくすることが大事なので、新人にはできるだけ研修を受けてもらうようにしましょう。また、なるべく長い研修期間に設定することをおすすめします。短い研修期間でも効果はありますが、基礎が中途半端な状態で仕事をスタートする可能性があります。これでは研修で学んだことを十分に発揮できなかったり、強い不安を感じながら仕事に取り組んだりなど、新人にとっては大変な状況です。

長い研修期間を確保しましょう

1週間の研修を10日や2週間に増やすだけでも、基礎を習得する時間が長くなる分、新人が働きやすい状況を作れるようになります。期間を長くするということは、研修にかかる費用が多くなることを意味しています。しかし、新人が快適に働けるようになれば、会社の売上に貢献してくれるので、先行投資と考えれば高い費用ではないでしょう。また、基礎をしっかりと身に付けた状態にすることは、一緒に働く社員や配属先の部署にとってもメリットがあります。新人に基礎を身に付けていればできる仕事を任せ、応用が必要な仕事は他の社員が担当するだけでも業務の効率化を図れます。このように、長い研修期間を確保することはメリットが多いため、増やすことを検討しましょう。

上司部下の関係性は、単純な"上下関係”ではなく"役割関係”です。そのため部下の存在そのものを認めることは、部下育成のための根本的なポイントといえます

© Copyright Raise Quality Of Employees. All Rights Reserved.